一人暮らしをより快適に!様々な知恵と方法

2016年8月25日

家具家電は部屋サイズに合わせる

一人暮らしを開始する時は、なるべく家具や家電を元の場所から引き継ぎたいと考えがちです。しかし、一人暮らしは通常大きな部屋ではないので大きすぎる家具や家電は邪魔になることがあります。生活するスペースが確保しにくくなりますし、無駄に大きな家電は消費電力も大きいので余分に電気代がかかることになります。大きな家具があっても満杯になることなく持て余す可能性が高いですので一人暮らしになった時は適切な家具や家電を買い直します。

周辺情報をチェックする

一人暮らしを開始したら、周辺情報をチェックしたいです。スーパーマーケットはもちろん、薬局や病院、娯楽施設も調べておくと便利です。特に病院は、体調が悪くなってから色々調べるのは大変なので健康なうちに調べておきます。建物の場所はもちろん、災害時に避難するべき場所も頭に入れておかなければなりません。津波の危険があるのであれば高台を探す必要がありますし、その他危険を回避する為の情報を得ることで命を守ることに繋がります。

生活のサイクルを確立する

一人暮らしをする場合は当然、食事の用意や洗濯・掃除などを全て一人で行わなければいけません。毎日全てを効率良く行えれば問題ありませんが、仕事の関係上難しい場合があります。そのような時は自分なりに楽な生活サイクルを考えなければなりません。一人なので洗濯は数日毎でも問題はありませんし、食事もすべて自炊ではなく自炊と外食を組み合わせればある程度楽になります。決して怠惰になるという意味合いではありませんが、どうすれば自分が楽な生活をできるか考え出したいです。

家具の家電のレンタルサービスを活用すれば、必要な期間だけレンタル出来ます。独り暮らしや単身赴任や仮住まいの方におすすめです。配送や撤去の費用はかからず、修理や交換もしてくれるので便利です。

家電のレンタルの情報