時代は変わった!現代の婚約指輪事情はこうなっています!

2016年8月26日

婚約指輪を勝手に決めない方が良い理由

指輪をプレゼントされたら嬉しい女性が多いですが、それが婚約指輪となると話は別です。婚約指輪と言う事は今後結婚を視野にいれたお付き合いになると言う事ですが、結婚にはお金がかかります。人にもよりますが一般的に結婚式に新婚旅行、新居に家具等まとまったお金が必要になるので、そのお金を確保する必要があります。婚約指輪の相場は約15万円と高額にもかかわらず指輪をはめる期間は結婚式までなので、指輪は結婚指輪だけにして節約したいと言う女性が増えているのです。

婚約指輪と長く使うならこんなのが良いです!

婚約指輪の需要は減りつつまりますが、婚約期間中何もないのは寂しいと言う人は結婚後も付けれる婚約指輪が良いです。通常結婚したら結婚指輪になるのですが、最近は婚約指輪と二連で付けれるデザインがあります。結婚指輪をシンプルなプラチナにして婚約指輪をダイヤにしておけば、普段はシンプルにして華やかにしたい時はダイヤを付けてゴージャスにと使い分けができます。二つの顔を持つ指輪は飽きにくいので、長く使えると言うメリットもあります。

指輪以外には婚約時計とネックレスが人気です!

結婚指輪と二連で付けれる婚約指輪と人気を分けているのが、時計やネックレスです。指輪は結婚指輪で十分だけど婚約の記念に何か残したいと言う人が、長く使えるアイテムとして普段から身につけられる物を選ぶのです。特に時計は男女でペアに出来る上、バンドを交換して世界中で一つの時計にする事も出来ます。また時計の裏に日付や文字を入れる事が出来るのも魅力で、年々需要が増えています。ネックレスに関しては変わらぬ愛を込めてダイヤモンドが人気です。

結婚を前提に交際している男女の間で、男性が恋人である女性に対して贈る指輪を婚約指輪といいます。エンゲージリングとも言い、結婚のプロポーズの際に欠かせない婚約の印として用意されます。

関連サイト
お問い合わせ